catan.jpg

本日はボードゲームの金字塔、「カタンの開拓者たち」をご紹介します。

ボードゲームに馴染みのある方なら「何を今さら、、、」と言われるほどの名作です。

ただ、ライトに楽しむ層は意外と知らない人や知っているけどやった事ないと言われる事も多いです。

これほどの名作は一度はやってほしいと思い、改めて記事を書かせて頂きます。

カタンってどんなゲーム

プレイ人数:3~4名

プレイ時間:40分~60分

時は大航海時代、未開の島に辿り着いた開拓者達はこのカタン島を開拓します。

知恵と交渉術で最も早くカタン島を開拓した人が勝利です。

こんなゲームなんですが、、、

どうですか?

あんまりそそられないでしょう?

ゲームと言えば、剣と魔法で魔王を倒したり、未知なる脅威から世界を守るヒーローになったりしたいじゃないですか?

資源を活かしてコツコツ発展させるゲームって地味じゃないですか?

ところがどっこい!クソ面白いゲームなんです!!

ボードゲームの最高峰とも言われています!

ドイツのボードゲームなのですが、世界20ヶ国で翻訳、発売されており、3000万個以上売れています。

1995年のドイツ年間ゲーム大賞

2004年のチェコ年間ゲーム大賞

2005年のポーランド年間ゲーム大賞

日本でも、日本テーブルゲームグランプリに輝いていたり、各サイトのランキングTOPの常連でもあります。

ゲーム内容

サイコロで算出したり、交渉で得たりする資源を貯める。

貯めた資源を使って、道を建てて領地を広げたり、開拓地を建てたり、都市化したりを行いながら、より多くの資源を確保します。

基本は上記の繰り返しです。

邪魔者の盗賊やお助け要素の発展カード、資源カードの交換がアクセントになります。

開拓地を建てたら1ポイント

発展カードでポイントカードを引けば1ポイント

一番道を長く繋げているプレイヤーは2ポイント

この様に発展させる行動にはポイントが割り振られています。

ポイントを溜めていき一番早く10ポイントを溜めたプレイヤーが勝利です。

簡単なゲームも多い中で、ルールは若干覚えるのが大変だと感じる方もいると思います。
一度覚えてしまえばシンプルな内容なのでどんな方でも楽しめると思います。

オススメのポイント

まずは、運と戦略のバランスが非常に取れています。

戦術だけでなく、他プレイヤーとの交渉やサイコロ運も勝敗に関わってくる為に、初心者でも運が良ければ経験者に勝てる事もあります。

1人で全資源を確保することは難しいので、交換や交渉を使って確保していきます。

この資源があれば、、、という絶妙に足りない感じから、発展を重ねるとガンガン資源を確保できるようになる体験がハマるポイントの一つですね。

そして、ポイントの取り方が複数あるので、初期配置やゲームの流れで戦略を考えるのが絶妙に面白いです。

ちょっと慣れたメンバー同士でやると、初期配置からみんな必死になって良いポイントを探します。

更に、タイルを組み替える事でマップを変化させることができるので、毎回飽きずに楽しむ事ができます。

初心者向け攻略法

攻略その1:資源のバランスを考えましょう。

資源の中でも、木材とレンガの相性は良く、羊毛と小麦と鉱石の相性が良いです。

初期配置では相性の良い資源を確保する様にした方が良いと思います。

具体的には、

木材とレンガならスタートダッシュ型で道を作るのが得意、序盤でレンガの交渉が強い

羊毛、小麦、鉱石のバランス型なら、発展カードが強く、都市化も可能な万能戦略

小麦と鉱石に絞るなら、後半型で都市化が強く、後半の交渉で優位に立ちやすい

3人プレイなら木材とレンガが強い気がします。
初心者は小麦と鉱石が安定かもしれません。

攻略法その2:道の伸ばし方を考えましょう。

真ん中に向かって道を伸ばす方が資源を多く確保できます。

海に向かって道を伸ばせば港を確保できます。(銀行との資源カードの交換が有利になる)

得意な資源の港があれば最優先でしょう。

真ん中は激戦区になりやすいので3人プレイの時や木とレンガに強い時の戦略だと思います。

個人的には海に向かって3:1の港確保が安定して強いと思います。

初期配置から上記の事も意識して置いてみると勝率が変わるかもしれません。

まとめ

本日はボードゲームの金字塔である「カタンの開拓者たち」をご紹介させて頂きました。

プレイ人数:3~4名

プレイ時間:40分~60分

サイコロや交渉で手に入れた資源で島を開拓するゲーム

運と戦略のバランスに優れた名作ボードゲーム

ちょっとボードゲーム初心者には取っつき難いゲームではありますが、やってみるとみんな楽しいと言ってくれますし、もう一度やりたいってなります。

そして、回数を重ねる毎に深さにハマっていくこと間違いなしです。

この記事を読んで頂いた方は、騙されたと思って一度遊んでみて下さいね。

それではまた!

おすすめの記事